受信状態低下の際に

事前の確認事項も正確にチェックから、ご自宅に適した地デジアンテナを調達し、設置工事も正しく完了すれば、ご希望の地上デジタル放送を楽しむ環境が整います。そのまま楽しい番組観賞ライフが続けば何の問題もありませんが、ある日を境に突然、受信状態が悪化してしまうケースもゼロとは言えません。こうした状況となった場合、どうしても「アンテナが壊れた」「システムの故障かも」などと慌ててしまいがちですが、以下にご紹介する、想定される受信環境自体の変化を思い出していただき、まずは冷静に原因を推察される作業をお薦めしておきます。

まず想定されるのが、電波塔とご自宅の地デジアンテナの間で、何らかの障害物が電波を遮る環境となってしまっているケースです。高層ビルなどの建設工事がどこかで進行中など、遮蔽物の発生が受信状態を悪化させるのは旧来と同様です。あるいは伸びた樹木の枝や葉、あるいは風で飛ばされて来た何かがアンテナを覆ってしまっているなど、普段見落としがちな状況が生じている可能性も否めません。テレビや受信システム全体の故障を疑う前に、まずは電波の受信環境に視点を合わせての検証作業から着手の上、工事担当業者へ連絡する、この流れを覚えておいてください。

自宅に設置時の注意点

まず最初に地デジアンテナを選ぶに際し、ご自宅に届く地上デジタル放送の電波の周波数にマッチする機種の選択が欠かせません。旧来のVHF放送とは違い、地上デジタル放送の受信に際しては、受信したい電波の周波数にアンテナ側を合わせる必要があり、対応出来ない機種では受信出来ません。ご自身での判断に窮されるようでしたら、必ず専門業者などに確認の上、候補となる機種を絞り込んでください。

次にご自宅に対し、どの方向から電波が飛んで来るのかを見極めてください。ご自宅がどの受信エリアに属しているのかなどは、デジタル放送推進協会の公式サイトを通じて確認が可能です。そして少し専門的なチェックポイントのお話になりますが、ご自宅に届く電波の偏波面も確認してください。ちなみに補足しますと、電波は垂直方向の上下と平面方向の左右の波を有しており、地域毎にこの波が異なります。更に現在市場に流通している専用UHFアンテナの中には、このうち垂直方向の波に対応出来ない機種が混在しており、注意が必要です。こちらもご自身の判断が難しいようでしたら、アンテナ工事の専門知識を有する業者への確認から、具体的な設置工事段階へと作業を進める流れの遵守が大切です。

地デジアンテナ豆知識

地上波放送の終了からそれなりの期間が経過した昨今、既に地上デジタル放送は私達の日常生活にしっかりと市民権を得たと言えるでしょう。それでも例えばご高齢のご家族のみ、あるいはお1人暮らしの方々の中には、地上デジタル放送の受信に際し、地デジアンテナの設置が新たに必要になる事など、関連基礎知識の理解に窮されているケースは少なくありません。あるいは新居への転居や集合住宅の共同アンテナで受信不可なチャンネルを受信したい場合など、皆様ご自身の判断で取り付け機種を選択から、工事を手配する必要が生じる場合も色々想定されます。

一昔前であれば、地域密着の電気店でテレビを購入した際に、VHFやUHFのアンテナの取り付け工事に関しても、全て纏めて対応してもらうパターンが一般的でした。あの頃のイメージをそのまま今日の地デジアンテナ設置に当てはめて捉えてしまいがちですが、これらの設置には事前に確認すべき事項や、知っておくべき基礎知識の存在が見逃せません。

更には単にアンテナを設置すれば良いだけでは無く、現在ご利用中のテレビの機種によっては、別にデジタルチューナーを始めとする周辺機器の調達から配線が必要となる場合も想定されます。ここでは地デジアンテナの豆知識として、ぜひ皆様に知っておいていただきたいポイントをピックアップから、説明を進めてまいります。文中馴染みの無い名称も出て来るかと思いますが、ぜひご一読から基礎知識をチェックしておいてください。